スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

災厄の男は安定して災厄をもたらすがゆえに災厄の男である。2

1の続きです(そりゃそうだ)。
これT-ver.となりまして、燈馬君の場合になります。
1の時も書かせていただきましたが、こちらから多少の性的描写が含まれます。
それほど大丈夫かな~と思って全年齢にさせていただいていますが、閲覧の際はそのことをご留意いただきますようお願いします。

 それでは、お覚悟OKの方はこちらからどうぞ → http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=4626181

 そして、ここからはあとがき的なものです。
 テーマが媚薬なので、なし崩し的にちょっとそういった方面に向かいそうと言いますかなんと言いますか。
 そんなことが多いかと思いますが、私の中の燈馬君はどうやらとても白く理性の塊のような人だったみたいです。
 まあ、それだけ可奈ちゃんを大切に想っているということかと思います。
 後日の話は…また気が向いていいのが思い浮かんだら書きます。
 さて、いったんここで完結していますが、これ実は3 K-ver. 、 4 K&T-ver. があります。
 近日中にアップできるよう頑張りますので、またお付き合いいただけると幸いです。
 ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説 - ジャンル : 小説・文学

Tag : Q.E.D...証明終了

コメント

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。